プロペシアが効かない理由は何か?

プロペシアは、AGA治療に優れた効果を発揮する薬です。

 

長期服用することでAGA患者の90%以上が改善する

 

と言われています。

 

AGAの進行を抑制し、改善する力がプロペシアにあることは、既に臨床試験結果でも証明されています。

 

アメリカはもちろん、日本でも飲む育毛剤として認められているほどです。

 

しかし、プロペシアをいくら服用しても効かない人がいます。

 

 

プロペシアが効かない理由は何か?

プロペシアが効かない理由は何かというと、残念ながらまだハッキリしていません。

 

しかし、完璧な治療薬などどこにも存在しないことを考えると、プロペシアが効かない人がいても不思議ではありません。

 

プロペシアも薬の1つで、例外ではないのです。

 

AGAの人がプロペシアを利用しても、数%の患者には効果がありません。

 

AGAであるにも関わらずプロペシアの効果が得られない理由は解明されていませんが、ひょっとしたら効かない理由が、他の脱毛症である可能性もあります。

 

プロペシアは、あくまで、AGA治療に特化した薬です

 

従ってAGAによる脱毛症でない場合、プロペシアには効果は期待できません

 

これは5αリダクターゼという還元酵素が関わっていない脱毛症に関しては、プロペシアは効かないということでもあります。

 

 

プロペシアは効かない?ミノキシジルとの違いや副作用のコト >>