プロペシアと毛髪の脱毛期との関連性

プロペシアと毛髪の脱毛期の関連性は、初期脱毛がすべてと言っても過言ではありません。

 

初期脱毛が起こったからと言って、プロペシアを飲むのをやめると、飲んだことが無駄になるので注意が必要です。

 

 

プロペシアの初期脱毛期とは?

プロペシアを飲むと抜け毛が増えるのは、ヘアサイクルが関係しています。

 

髪の毛のサイクルには

 

  • 成長期
  • 退行期
  • 休止期

 

があり、一連のサイクルにより、髪の毛が抜けては、新しい髪の毛が生えるのを繰り返しています。

 

抜けているということは、新しい髪の毛が生えている証拠でもあるのです。

 

AGAの人は、DHTという成分が原因で、髪の毛の成長が抑制されることで、毛髪のヘアサイクルのスピードが乱れています。

 

プロペシアを飲むとDHTの成分の生成が抑制されるので、成長の抑制もなくなります。

 

結果、ヘアサイクルのスピードが上がることになるので、休止期だった髪の毛が成長期に移って、髪の毛の本数も増えるわけです。

 

プロペシアは、毛髪の脱毛期と密接に関連しているので、プロペシアを飲むと初期脱毛が起こるのです。

 

初期脱毛に関しては、全く問題はなく、むしろ抜けた方が髪の毛が生えてくると気楽に考えることです。

 

 

プロペシアは効かない?ミノキシジルとの違いや副作用のコト >>