プロペシアの効能とは?

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)に効果のある薬です。

 

このAGAを引き起こす原因物質がDHT(ジヒドロテストステロン)。AGAになった男性の、毛の抜けた頭皮部分に多く見られる男性ホルモンです。

 

DHTはテストステロンという男性ホルモンが5αリアクターゼという酵素によって還元変換され発生します。そしてDHTが毛根の毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結合すると...成長期だった毛髪に対して抜けるようなシグナルを出すのです。

 

つまり健康だった髪の毛に対して「あなたはもう退行期に入った毛だから抜けてイイよ」というシグナルを送って、毛が抜けるように仕向けるのです。悪いヤツですよね。

 

5αリアクターゼのメカニズム

 

抜け毛・薄毛を引き起こす諸悪の根源となるDHT...。

 

プロペシアの主成分であるフィナステリドは、

DHTを生成する5αリアクターゼの発生を阻害する働き

があります。

 

なのでプロペシアを服用すると、成長期の髪はそのまま成長し続けることができるということ。

 

つまりプロペシアには男性型脱毛症になった人の脱毛を防ぐ働きはあるんです。

 

 

プロペシアは効かない?ミノキシジルとの違いや副作用のコト >>